あなたの会員情報

ホーム >>技術とプロセスが共存するパナハイルナ・ロッサ・トゥール・ビヨンの2つの場所
技術とプロセスが共存するパナハイルナ・ロッサ・トゥール・ビヨンの2つの場所
スポーツウォッチとスポーツイベントの組み合わせは、常に非常に一般的であり、時計の発売は、多くの場合、いとこの間で議論されています。 今日ご紹介するこの時計は、パネライ・ペイナ海とアメリカズカップ・セーリング・レースの組み合わせにより、第36回アメリカズカップ・ルナ・ロサ・フリートのオフィシャル・スポンサーとして、セーリングの特徴とセーリングのニーズからインスピレーションを得て、ルナノ・ルナ・ロサ・トゥール・ビヨンド・タイム・ウォッチ・リミテッドを発売しました。 (ウォッチモデル:PAM1099)

スポーツイベントを愛する学生は、おそらくアメリカズカップセーリング、ボートレースで最も古く、最大かつ最も影響力のあるイベントについて聞いたことがあるでしょう。 イタリアのセーリング競技グループであるルナ・ロサ・チャレンは、イタリアのパナハイで生まれた排他的な時計を作るのは当然です。


このルミノシリーズトゥールビヨンは、直径47mmのチタン製の時計です。 ケースをよく見ると、様々な金属粉末を直接焼結できる「直接金属レーザー焼結」技術に由来するブラスト効果があります。 チタン粉末は、光ファイバーレーザーを介して焼結し(材料のプレスプロセスを理解することができます)層化し、その後、立体部品を形成します。 従来の切断とは異なり、この技術の鍵は、材料の層が堆積し、最終的に内部中空ケースを形成することです。



ユニークな作り方は、まず軽量感、チタン層の沈殿過程で、各層の厚さはわずか0.02ミリメートルであり、時計は、仕上げ鋼材料よりも40%軽量になります。 さらに、チタンの耐食性は、ケースをより堅牢にするもう一つの大きな利点です。 時計は100メートルの防水性を持っています。 ベゼルとリューズは、ルナ・ロサ艦隊のAC75モノリシック船体を構築するために使用された軽量特性のために、Carbotechと呼ばれる特許取得済みの炭素繊維材料で作られています。



Penahaiは、高度な時計製造にカルボックカーボンファイバー素材を導入する最初の人としてインスピレーションを得ました。 各炭素繊維シートは、高圧圧縮後、異なる方向にインターリーブされ、ランダムで可変的な黒ずみのテクスチャを形成します。 黒とグレーのトーンに囲まれて、赤と白の空のダイヤルは、特に明るく見えます。 赤と白のディテールデザインは、ルナロッサの艦隊ロープのロゴに由来するルナロッサの時計の特徴です。 内側のベゼルは赤で囲まれ、時記号と機能ポインタは赤と白で一致します。 3時位置は、中央GMTポインタと組み合わせた昼と夜のディスプレイを設定し、第2のタイムゾーンの昼と夜の状況を知ることができます。 9時位置はスモールセコンドです。 12時と6時の「パナハイ」と「ルナ・ロッサ・チャレンジ」と「第36回アメリカズカップ」は、時計に刻まれています。



空のダイヤルは、時計ファンが時計の内部の機械的構造を垣間見ることを可能にする骨の外観を与えるように設計されています。 例えば、時計搭載のトゥールビヨン装置(10時/11時)などです。


前ページ: ティソのPOWERMATIC 80ムーブメントは、この「プラスチック部品」が含まれているのですか?
次ページ: RICHARD MILLEは、ドライバーのための非常に記憶に残るRM 07-01 Racing Redウォッチを発表しました