あなたの会員情報

ホーム >>アテネはUFO置き時計を出します
アテネはUFO置き時計を出します
2020年W&Wの上で、アテネはこのUFOという置き時計を出しました。なぜこの名前を付け加えるのか、大体それためUFOの外観の造型にとても似ています。確かに、この置き時計はデザインから内在する部品まで(に)すべて十分なサイエンス・フィクションを漏らして思って、それは663の部品から構成して、機械を原理に運行してはっきりしていて目の前で現れます。大きい大の体積もそれに6つのぜんまいの箱を入れることができて、動力に貯蓄して時間が1年続かせる。

2020年にアテネのブランドの創立175周年にちょうどあたって、歴史の上のアテネは各種を生産して航海する時計算して名声を聞きを表して、このUFO置き時計も航海をめぐる時計算して設計するになってテーマ、それは採用して3つの設計の三つの地方の時表示して、ブランドの設計の理念によって、それらはそれぞれ過去、今と未来を代表します。この作品は175年後のにために正に設計するで、そのため高く備えて未来思います。


全体の置き時計の高い263ミリメートル、直径の159ミリメートル。チップの構造を除いて、外側の卵形のガラスのガラス鐘も一大の輝点です。この厚さはただ3ミリメートルのガラスのガラス鐘のためだけ、清浄ですっかり理解して、非常にあって未来感と科学技術が思います。


前ページ: 年始めをお祝いして宇が全く新しいペレ士のシリーズを連ねて制限します“赤いパンダ”
次ページ: 旅行者の腕時計のパテック・フィリップの複雑な機能に属する時計算するシリーズの腕時計