あなたの会員情報

ホーム >>Seikoは改めてもう1度刻んで日本南極研究探険隊は1968年にすばらしいがの時計のモデルを付けないでください
Seikoは改めてもう1度刻んで日本南極研究探険隊は1968年にすばらしいがの時計のモデルを付けないでください
以前に月のテーマにLX Sky SNR051を表すように出します Special Editionの後で、Seikoはすぐ再度Prospex新作を迎えて、今回が特に製造する300メートルの水を防ぐ潜む水道のメーターに時計工場が1968年をするにを第8回の日本南極研究探険隊所にするのが基礎で、改めてもう1度SLA055J1、SLA057J1両のモデルを刻んで腕時計を限定します。設計の上で殻を表して、小屋を表してと冠を表して全てSeikoのEver-Brilliant Steelの合金を採取して製造して被って、この合金はきわめて高いで腐蝕性に耐えて名声を聞いて、そしてよく合って腕時計のバンドを編んで交替することができるケイ素のブランド時計コピーゴムと織物があります。

前者の黒金の様式SLA055J1は制限して1300発行して、後者が氷の青の筋模様の漸進的変化の時計の文字盤を採用して南極の雄大な極地の氷原Save the OceanデザインSLA057J1に呼応する600あって、2モデルの時計の売価は同様に$4600ドルで、来年に1月に正式に発売すると予想して、十分に注意するとよい興味の読者があります。


前ページ: ブランパンの空軍の司令官の藍盤腕時計
次ページ: 本当の力の時に旗艦のシリーズの1969原型は表します