あなたの会員情報

ホーム >>帆を揚げて遠洋に乗り出す夢海軍の上将のシリーズLEGEND 42腕時計
帆を揚げて遠洋に乗り出す夢海軍の上将のシリーズLEGEND 42腕時計
もし近ごろのスポーツで表して市場の中で才能がすべて現れたくて、厳しい試練に耐えられる性能を表す以外、優秀な設計、わりに高いのは度を知っているのもなくてはならない原因を弁別します。航海する運動する設計の腕時計だけのためにとして、昆侖海軍の上将の杯のシリーズは比較的珍しい12辺の形に頼って殻の造型を表して、色の鮮明な航海の旗の時に人に目を通してを忘れ難くさせる表示します。

コルムは1955年に誕生して、創始者ReneBannwartからスイスで拉紹徳は創立を閉じて、ブランドの名称はラテン語の単語の“QUORUM”のフランス語から簡略化をつづって来ます。でも元の名前に比べて、私が倒れて“昆侖”のこの中国語の訳名が更に境地があると感じて、とても良い実現したのは求める“信達が上品だ”の境界を訳します。まず“CORUM”と中国語の“昆侖”は発音の上で比較的接近して、“昆侖”の1語源は中国の神話の中から尊びあがめる昆侖山を受けて、世間の人のために熟知して、わりに良い伝播の効果を持ちます。

帰って自身を表して、海軍の上将の杯のシリーズの誕生と航海試合は密接な連絡を持っていて、ブランドの誕生する初めは迅速に知名度に広く開拓するため、昆侖は“海軍の上将の杯”の世界の帆船大会を賛助して、このシリーズもだから名です。1960年の時、コルムは初の海軍の上将の杯の腕時計を出しました。しかしと私達の今日熟知した海軍の上将の杯は違う所があって、それは四角形の時計の殻設計を採用して、底を表して帆船と“Admiral’sCup”(海軍の上将の杯)の字形を彫り刻んで、これも世界の第1陣が防水機能の四角形の腕時計の中の一つを備えるです。


頼ったけれども試合が広告と宣伝するのを賛助して、ブランドは一定知名度を得て、しかし四角形は暖かくないのを表してモデルずっと怒らないで、昆侖は新型上でもっと急進的な設計を使いを決定します。1983年に出す製品の大胆な採用した12辺の形は殻を表して、12時表示して国際航海の旗で取って代わって、かつ底の閉じの彫り刻んだ海軍の上将の杯の賞杯の図案に続いて、ここからも引き離して“近代的だ”の海軍の上将の杯の序幕、これらは元素を設計して今なお伝承して、現在のところはモデルを売る上に依然としてそれらの影が見つかることができます。


多角形が殻を表してきっとみんながすべてとっくにある程度接触して、例えば私達の熟知した漢のミルトンの“エルビス・プレスリー”の三角形は殻、カルティエの“戦車”の四辺形を表して殻などを表します。昆侖は比較的珍しい12を使って変形して殻を表して、とのために殻を表して完璧につながって、鏡を表しても同じ12を使って変形します。それの巧みな場所は辺数が時の標識と全単射を数えることができるのにあって、視覚の印象と感想更に円形で近づいて、減らして感を切り離します。


時計の文字盤の最もよく見通しがつく場所を言い出して、国際海事の信号旗に勝るものはない時表示しました。このロレックス時計コピーように造型のの時に目を向けて全部小屋を表しを表示するのも独自の旗印を掲げる存在で、極めて大きくシリーズを強めて度を知っているのを弁別します。国際海事の信号旗は最初19世紀に誕生して、一つごとに全てその特定の含まれている意味があって、それは海上の航行の恐らく出会う各種の情況を代表していて、それを掲げて周囲の船舶にすぐこの艦の動態を伝達するのでさえすれ(あれ)ばことができます。近ごろ通信技術の進歩に従って、更に船舶のシンボルの記号存在としていくらでもあります。この文化の記号を時計のモデルに溶け込んで、更に製品と航海する源に深くなりました。


総じて言えば、“海軍の上将の杯”と海洋は密接な関係を持っていますが、しかしシリーズの位置付けはずっと潜む水道のメーターではありません。専門の潜む水道のメーターに300メートル比較するのはややもすれば甚だしきに至っては500mの防水の等級で、その防水性能はずいぶんただ日常だけに対処して使います。でも運動していて日に日に質と設計溶ける今日を表して、同じクラス中から1モデルの造型を探し出すのが素晴らしくて、度を知っていていっぱいな時計のモデルを引き延ばしを弁別して、海軍の上将の杯はきっと2の選択でないです。


前ページ: もう1度時計のモデルを刻んで、また(まだ)ロンジンの伝奇の潜水夫の青銅の腕時計を見なければなりません
次ページ: あなたの心の中の完璧なのが空リストを彫刻するのではありませんか