あなたの会員情報

ホーム >>未来の波濤のフィノは何を捨て何をとるかでしょうか?
未来の波濤のフィノは何を捨て何をとるかでしょうか?
“赤い60”IW3565のが発表するまですでに整えて10年向こうへ行きます。それは非常にすばらしかったですけれども、間もなくモデルチェンジする時間のノードをも迎えることができます。それでは私達の大胆だとよいのは少し考えに来て、次世代の柏の大波のフィノの基礎のモデルはでもどんなの変化をします。

自分で作るチップの叫び声はきっと最高でで、近年私達は容易にしきりに万国の自分で作るチップ動作を発見します。そこで次世代の柏の大波のフィノは入門してモデル、とても大きい可能性にチップを替えるようにもあります。フォーラムに最近発見する一部の注意深い表す友達があって、入門してモデルのマルクの18チップが磨き上げる方面に“を減らす”の現象が現れました。個人はコストの原因以外思って、その他に恐らく次世代のチップのために舗装します。全部芯に対して“簡単だ”の方法を行ってきっと更にコントラストを形成するのに利益があって、突然新しいチップの優位性を現すで。実は2019年出すパイロットSpitfireシリーズで真っ先にCal.を使いました32110チップ、最も基礎の大の3針のチップとして、32シリーズは万国全係今後になって入門しますモデルの主力。

現在のところ、そして柏の大波のフィノのシリーズが背負って実情を伝えるのをかぶせるデザイン使うのが多くなくて、一部のハイエンドの(陀はずみ車と8日の鎖)だけあって組み立てます。もし新型は自分で作るチップを使って、組み合わせのブランド時計コピー辺鄙ではっきりしている式の底を排除しないでかぶせます。これは更に利益がありを自分で作るチップの米に展示して、偽物防止の特性を高めて、同時に急速に新しい旧型の1つの著しい特徴を区分するです。

万国の製品ラインを見渡して、柏の大波のフィノとと同じに、ポルトガルと達文西はすべて偏っている正装の風格のシリーズです。ポルトガルと達文西は皆すでにCal.を搭載するのを出しました82200チップの小さい3針の時計のモデル、チップの特性を参考にして、排除しないで今後小さい3針の版の波濤のフィノを出します。

前世紀80年代から、柏の大波のフィノのシリーズはすでに近い40年をまたがり越えました。もしもシリーズの発展を人生の過程にたとえて、それでは柏の大波のフィノは30歳しっかりしているかかとを刺した後で“赤い60”に頼って、不惑の年の彼は多いスポーツの“股上後”で衝撃しておりて、きわめて有り得一回の“中年の危機”に直面して、未来の彼どんな変化をするでしょうか?私達はいっしょに切に期待しています。


前ページ: “ひどい”は更に更に絶対に潜む水道のメーターの中の顔は王者に値します
次ページ: ジャガー・ルクルトの両翼の月相腕時計