あなたの会員情報

ホーム >>アテネは航海のシリーズのパイロット者の大きい見える火のエナメル陀はずみ車の腕時計を表します
アテネは航海のシリーズのパイロット者の大きい見える火のエナメル陀はずみ車の腕時計を表します
これは1段の175年の表を作成する史で、深くて、重々しくて、それは歳月の中でゆっくりと沈殿して、歳月の中で生命力にも沸き上がります。1846年から今年まで、アテネは表してすでに175年の歳月をしばしば経験して、それは航海するクロノメーターやり始めて、精密で正確にと厳格にすでに深くその血液の中で刻みました。この航海の歴史の啓発を受けて、アテネはすばらしい航海のシリーズを表して気運に乗じて生まれます。今年、敬意を表するためブランドの創立175周年、アテネは表してこのシリーズになって新鮮血液を注ぎ込んで、全く新しい腕時計の作品を出しました。(腕時計の型番:1282-310LE-2AE-175/1A)

18世紀に遠くにいて、科学技術の発達していない時代、航海するクロノメーターは遠洋の探険にとって、特に重要なことに見えて、1台の船は航海するクロノメーターで今の軍隊の軍艦の上のGPSあるいはレーダーシステムに相当して、重要な戦略的の道具です。だから、いかなるがその他の時計算するのを比較して、航海天文台の時に計算するのは表を作成する技術の要求に対してすべて更に厳格です。アテネは航海のシリーズを表して歴史の上で航海するクロノメーターの設計の元素と表を作成する精神を保留して、同時に近代的な表を作成する風格と風格を溶け込んで、一モデル一モデルのクラシックとハーフバックの解け合う現代の時を献呈して計算します。

アテネが航海のシリーズのパイロット者の大きい見える火のエナメル陀はずみ車の腕時計を表すのは今回の全く新しい腕時計の艦隊の中の先導隊がモデルを表すので、バラの金の材質で製造して、かつ飛行する陀はずみ車装置を搭載しました。

このアテネが特許陀はずみ車装置を表すのが馬鹿にできないで、それは不変に全力で捕まえて装置を跳躍するのに動きによく合って、2015年度の(Grand Prix d’Horlogerie de Genève)ジュネーブで高級な時計が大きいのでことがあって中にアテネのために成果の“最優秀陀はずみ車の腕時計の大賞”を表しを与えます。アテネの特許を表す陀はずみ車は伝統の一大に対して突破するので、それはケイ素の材質の優位を利用して、1つの円形のケイ素の質の骨組み、捕らえてたとえ2切れのかすかなスプリングピースから中間で固定的なことをつくのでも、揺れ動く時摩擦が発生することはでき(ありえ)なくて、私達もまたエスケープの上で潤滑にするのにあげる必要はなくて、更に先進的で手っ取り早いです。

黒色の大きい見える火のエナメルの時計の文字盤はDonzé Cadransエナメルの労働者の坊から製造して、バラの金のポインターで精密に必ず時間を指示します。大きい見える火のエナメルの技術は一つの古い技術で、つぶす時力をつぶして、しかし大きい見える火のエナメルの完成品は豪華な息を持参して、精巧で美しくて味わいがあって、高の顔値に頼っていて、大きい見える火のエナメルが表して表を作成する界の中でも友達達の絶大な支持を表しを受けます。 時計の文字盤の配置は航海のクロノメーターからとって、時計の文字盤は12時に位置は動力のために貯蓄して、6時の位置陀はずみ車とその形成のつりあいがとれている配置を表示します。殻を表して5Nバラの金の材質で製造して、直径は42ミリメートルで、よく合って飾る紋様の表す小屋に扮する貨幣があります。チップは搭載するのブランドがUN-128の不変な動力を自製して自動的に鎖のチップに行くので、208の部品と36粒の宝石を独占して、チップが奮い立つのはしきりに2.5ヘルツで、動力は貯蓄して60時間になります。

国境を打ち破って、ハーフバックを創造して、アテネは表して175年の深い歴史を持ちますが、しかし一度も革新する足並みを停止してなくて、上のこの新型の腕時計の中で、私達はクラシックを見て、革新をも見て、アテネは歴史がとで近代的なのがとけ合う中に霊感を探しを得意とするのを表して、自分の美学の理念を形成して、近代的な新しいクラシックを創建し営みだします。アテネは航海のシリーズのパイロット者の大きい見える火のエナメル陀はずみ車の腕時計の全世界を表して175制限します。


前ページ: オメガのセイウチのシリーズの“深海の黒いの”の腕時計
次ページ: 若く無限な可能性NOMOS Club Campus U腕時計があります