あなたの会員情報

ホーム >>オリンピックの時間単位の計算の道具の変遷から百年時計が発展するのを見ます
オリンピックの時間単位の計算の道具の変遷から百年時計が発展するのを見ます
その前の数日間、2021東京のオリンピック試合はすでに閉幕しました。今年特殊な環境は予定では2020年のオリンピックでしかたなく開催を延期したのをさせて、この偉い1年は更に私達に生命と時間の貴重なのを体得させました。いわゆる“少し不完全に終わっていて、全体的には大変な事になって”、オリンピックの競技場の上で時間の正確に記録するについてきわめて重要で、これは時間単位の計算の道具の精度に対して高い要求を出して、今日私達に歴史の上でオリンピックの時間単位の計算の道具の変遷を通じて(通って)背後の百年の時計の発展史を見てみさせましょう。


1896年にアテネ五輪は思われて第1期の近代的な意味の上の運動会で、当時の技術の条件に束縛されて、人工の時間単位の計算の方法を採用して試合の時間を計算します。ロンジンはオリンピックの史の上座の時計プロバイダーになって、ロンジンの製造したのが19CH手動の時間単位の計算のチップの懐中時計を搭載するから、精度は1/5秒までもう制御することができるようになって、現代スポーツの試合の時間単位の計算は原形を基本的に備えます。


歴史の上で、ロンジンは時間単位の計算のチップの領域にとても高い造詣を持ってことがあります。1878年に発表される20Hチップは運動する時間単位の計算の領域の序幕を開いて、19CHチップは更に首届現代オリンピック政府の時間単位の計算の道具として、1897年に発表される19.73チップはその時最も優秀な懐中時計の時間単位の計算のチップの中の一つのため公認させられます。


1932年にオメガはロサンゼルスのオリンピックの指定時間単位の計算プロバイダーになって、オメガはこのオリンピックのために30提供して天文台の認証する高の精密で正確な度の時間単位の計算を通じて(通って)表します。同時にこのオリンピックも人工の時間単位の計算と電子の時間単位の計算の分水嶺になって、それからオリンピックは電子の時間単位の計算の時代に入りを始めます。


1948年のロンドンのオリンピック上で、初めて終点のビデオカメラを使って時間を記録しに来て、この新技術もその時の人々に“悪魔の目”と称させられて、その加入して時間の精密なのをさせる必ずいまだかつてない高さに達したのを判定して、かつもっと客観的な方法で人工の直ちに存在する誤差を取り除いて、極めて大きく高まったのブランド時計コピーがオリンピックの試合の公平性です。


またたく間にすでに1964年まで、戦後の日本の経済の飛躍に従って、この年の東京のオリンピックの上でホストの日本は世界に自身の実力が現れました。日本からのセイコーの道理にかなっているのはこのオリンピックの政府の時間単位の計算の道具になって、セイコーはずば抜けている性能で世間の人に深い印象を残して、そのため高くて精密な時間単位の計算の領域はすでにスイスのからもう表を作成して発言権を独占するではありませんでした。


これはただセイコーの光り輝く初めだけで、5年後の1969年で、セイコーは世界の第1枚の量産のポインター式の石英の時計SEIKOAstron35SQを出して、その出現は時計の誤差に毎月のプラス・マイナスの5秒あるいは、毎年の1分まで(に)減らさせて、かつ石英のチップがまた(まだ)コストがあって安くて、多い長所を守りやすくて、これは日を部門の計算の誤差の機械的な時計にするにとってきっと維に下がって打撃を与えるのです。セイコーは石英のチップの曲がりくねった道に頼って車を追い越して、迅速に襲撃の全体の伝統の表を作成する業の“石英のあらし”を巻き起こします。


石英の時計からの挑戦に直面して、多い伝統のスイスは表を作成してブランド破綻に迫って、倒産します。今回の危機の中で、ロンジンはこれは第1期のオリンピックが提供する時計算したのが表を作成するために“巨人”どかんと倒れて、万やむを得なくてL990を含める何枚ものチップの図面を売り出しました。オメガを代表にして、みごとに石英の危機のスイスのブランドに受け答えして、最後に腕時計の贅沢品を選んで溶けて路線苦境を抜け出します。それ以後オメガは積極的にブランドの知名度を広げて、今回の東京のオリンピックを含める何期ものスポーツ界の試合を賛助して、今オメガの提供した光覚は終点のビデオカメラ、つやがある監視カメラ技術、量子のサイクルコンピュータなどの設備すでにに応じて最大の時間単位の計算の誤り制御をくれぐれも分の1秒に着きます。


1896年第1期の現代のオリンピックから手動が表示器を積み重ねる時で、しばしば経験して半分世紀以降で電子の時間単位の計算の時代を迎えます;60年代日本のブランドにセイコーをしを代表するにしてまた今日の競技場の上で各種の近代化する先進設備の応用まで(に)突然新たに現れます、。オリンピックの時に計算する道具の変遷の屈折のは技術の実力の戦いなだけではなくて、中から私達は更に百年の時計の発展する縮図を見ることができます。


前ページ: チュードルの全く新しい青玉の湾の陶磁器型腕時計
次ページ: IWCの柏の大波のフィノの自動腕時計の34“COMME MOI”の特別な版