あなたの会員情報

ホーム >>IWCパイロットウォッチの詳細な紹介(パート1)
IWCパイロットウォッチの詳細な紹介(パート1)
パイロットウォッチスペシャルエディション(1936年)



最初のIWCパイロットウォッチは、1930年代半ばに民間航空セクター向けに開発され、発売されました。この時計は特に頑丈で、摂氏-40度から+40度までの温度変化に耐えることができ、耐磁性も備えています。

ラージパイロットウォッチ52T.S.C.(1940)



1940年代に、大型パイロットウォッチ52 T.S.C.(モデルIW431)が発表されました。その外観は、時計の軍事観測の厳しい要件を満たし、後の大型パイロット時計のインスピレーションの源となりました。直径55mm、厚さ16.5mm、重さ183グラムのケースは、IWCがこれまでに製造した中で最大の時計でもあります。

大型パイロットウォッチ(2002)



21世紀に発売されたこのパイロットウォッチは、7日間のパワーリザーブ、「6時位置」の新しい日付表示、飛行に非常に役立つ中央の秒針を備えています。直径46.2mm、厚さ15.8mmのケースの下で、パワフルな5011ムーブメントは、その並外れた精度で多くの時計ファンを征服しました。


前ページ: フランクミュラーシントレカーブス™シリーズ
次ページ: パテックフィリップハイジュエリーウォッチ、ムーンフェイズ